資格取得のススメ

独学で資格試験に受かる勉強法は?僕がしている勉強の設計の仕方を公開

資格試験を受ける人

資格試験に受かるためには、
どうやってスケジュール立てればいいの?

ぼく

大体、一般の人が受ける資格は
勉強方法・スケジュールの立て方が決まっています

僕は直近の5年間、同じ方法で以下の資格を取っています。

割と実績ありますよね^^
しかも多くても1ヶ月の勉強で受かってます。
ちなみに僕は大学受験していないし、高校も定時高校出です。
そんな僕でもできた方法です。

しかし、最短で受かるには計画と集中力が必要です。

今回はその計画の立て方を全部で4つのStepで説明します。

ぼく

調べる根気があれば、
中学生でもちゃんと受かる計画が立てられるので、
是非真似してほしいです!

Step1.勉強法を設計しよう

ぼく

最重要です!
受かる軌跡の見える勉強方法の設計をしましょう!

「この計画で勉強すれば合格できる!」と強くイメージできないと試験は落ちることの方が多いです。

しかし、逆を言えば強くイメージできれば試験に受かります!
そして【勉強方法の設計】で決めることは、たったの2つだけです。

勉強方法の設計で決めること
  • どの参考書を使用して合格するか?
  • その参考書をどういうスケジュールで消化していくか?

これだけですが、僕はここに時間をかけているので6時間かけました。
1日つぶれます。

スクールに通うとなぜいいのか?というのはこの辺がポイントとなってますよね。

例えば、スクールならこういう仕組みで受かりますよね。

先生

このカリキュラムで、
N回の授業と予習・復習をこなせば合格できますよ!

この発言を仕組みで分解すると…

このカリキュラム→参考書のこと
N回の授業と予習・復習→参考書をこなすスケジュールのこと

大事な箇所についてのノウハウを持っているので、生徒は勉強だけに集中して、合格を手にすることができますよね。

独学が難しいのは【本当にこの計画・勉強で大丈夫なの?】という不安がつきまとうから、勉強だけに集中していけない。

…であれば、「イケる!」と思えるだけしっかり計画を立ててましょう。
計画さえ自信を持って立てることができれば、勉強に集中できます。

だから、勉強方法の設計が一番重要です!

ちょっと計画を立てられる自信ないな…とか、
う~ん、面倒くさいなと言う人は通信教育やスクールに頼るのもいいです

スマホとパソコンで資格学習←無料会員登録あり

生涯学習のユーキャン

LEC東京リーガルマインド-オンラインショップ-

資格があれば、ここで使う額より、未来に稼げる額のほうがはるかに大きいので、しっかり自己投資しましょう。

計画する際の調べ方について、解説していきます。

Java SE8 Silverの時の例で書きます。

どの参考書を使用して合格するか?

参考書を決める流れはこんな感じです

合格した人の記事を探す

いろんなワードで検索してください。

例えば、僕がJava Silverを受けた時は…

Java Silver 合格体験記
Java Silver 勉強方法
Java Silver 勉強法
Java Silver 2週間 合格
Java SE8 Silver 参考書
Java Silver 黒本 勉強法

などなどたくさん合格に関連する記事を検索しました。
検索して、読んで、新しいキーワードが出たらそれも検索。

Googleのページで6ページ辺りまではバナーをほとんど開いたと思います。

記事を片っ端から読む

ぼく

合格体験記は、
自分が勉強して合格した気になるまで読みましょう。

例えば、「2週間で黒本やって、紫本をやって、当日はこんなことがあって」など書いてあったら、全てイメージして下さい。

合格者が、どの参考書をどういうスケジュールで何周消化したのか、また○周目はどういう目標を持って消化しているのかまで、
参考書を買う前から勉強スケジュールを自分に落とし込んでいきましょう!

勉強スケジュールを自分にインストールするための着眼点

・使った参考書をメモる(何冊もあれば全てメモる)
・その参考書を何周消化したか
・その参考書を使って何日で受かったか
・○周目は、どんな目的で消化したか
・○周目は、何日で消化したか

記事を読むたびイメージすると、自分にしっくり来そうな情報が見えてきます。

試験を受ける人

これは長いな…
自分は3ヶ月も勉強できる集中力はないぞ

試験を受ける人

これだけで足りるかな!?
こっちではこの参考書も使ってる!
じゃあ、自分はこっちのスケジュールが確実でいいかも!

こんな感じで、たくさんいろんなことを考えて下さい。

そうすると、だんだん自分に必要な参考書の検討がついてきますよね。

実際に調べた参考書を見に行く

ぼく

本当にその参考書で自分が理解できるか確認するため、
実際に中を見に行きましょう!

ここはササッと終わらせましょう。
書店で「う~ん…」と迷うと、せっかく下調べしたイメージがぶれます。

ただ、迷う理由は2つあります。

書店に来ても迷ってる理由

・下調べが足りてない
・参考書のレベルが高すぎて何を言ってるのかわからない

もう一度、家に帰って検索しましょう。
ただ、本屋で迷って再検索する場合は、検索の仕方が変わります。

下調べが足りていない場合

本屋で見つけた参考書のレビューを検索しまくって下さい。
本当にあなたが迷った参考書で受かるスケジュールがあるかを探すこと。

ないのなら、自分の直感より実績に向き合いましょう。
迷った参考書がどうしても気になるなら、
実績のあった参考書を消化してから、サブ的に消化すると良いです。

気になってるうちは、やりきった感がなく、試験当日の不安にもつながります。
気にならなくなったら、やらなくてOKです。

参考書のレベルが高すぎて何を言ってるのかわからない

Java Silver 参考書 理解するには
Java Silver 黒本 難しい
Java Silver わかりにくい

など、自分が感じた検索ワードを入れて調べ直して下さい。
同じように感じている人が、どうやって攻略したかを記事にしています。

それでも、その参考書しかない場合は、買うしかありません。
あなたがその参考書の難しさを1番に問題を解決すべき人になります。

その参考書をどう消化していくか?

Java SE8 Silverの時の例で書いてます。

調べ上げた結果、大体の合格者が2週間で
黒本という参考書は5周、
紫本という参考書は2周~3周していることがわかったとしよう。

であれば、やはりあなたが消化する周回も2週間で黒本5周、紫本2周です。
足りなければ増やすイメージで行きましょう。

これは1例ですが、僕がJava Silverを受けた時の日程はこんなイメージです。○の中の数字が何周目かを示す。

ぼく

すんごい重要です
勉強する前から、
ここまでイメージをして
手帳にこの未来を書き込んでました

紫本黒本
1
2
3
4
5
6
7②’
8②’
9
10
11
12
13
14
15

具体的には、1周目はわからなくてもひたすら解いて根拠があって正解したものはチェック。今後は解かない。わからないものは理屈を確認する。

など、全ての周回についてその周でクリアする目標を考えて、
周を追うごとに解く問題が減ってくる計算で、消化のスピードを考えて日数を調整し5周する計画を立てていました。

どの参考書で、どういうスケジュールで消化するのか。
ここの【勉強方法の設計】が一番重要です。

ここまでの計画を立てるのが面倒な人は、スクールや通信教育に頼ったほうがいいですよ。

スマホとパソコンで資格学習←無料会員登録あり

生涯学習のユーキャン

LEC東京リーガルマインド-オンラインショップ-

自分のスキルアップに必要な投資はバンバンしましょう!
将来的に稼ぐ額がふえますよ!

Step2.参考書を買う(特殊ケース)

資格系の本は、本屋で売ってないこともあるのでスケジュールを組む時は注意が必要です。

資格試験申し込みの前に、手配もスケジュールに組み込まないと勉強の開始が遅れて、勉強できずに時間がただ過ぎていきます。

士気も下がってしまうし、ここは考慮してください。

Step3.試験を申し込む

ぼく

受けると決めたら、
早く申し込みましょう!

心配事は先に潰しておくと勉強だけに集中できます。

試験の手続きで2時間を見ておくとよいでしょう。
登録などが必要な場合、結構時間がかかります。

簿記とかは比較的ラクですが、Javaの時はOracleとピアソンへの登録が必要で手間どりました^^;

Step4.勉強する

ぼく

スケジュールを守るための根性が必要

スケジュールを立てたら、何があろうとその通りに進めて下さい。
大学受験と同じです。というか僕は大学受験をしていないので、
それを乗り越えられてきた人たちのほうがここは成功体験があるはずです。

僕は家庭持ち・子供なしの18:00あがりのサラリーマンで、勉強時間の確保について、平日は通勤の1時間と21時~23時で勉強し、休日は8時間丸々勉強していました。

スケジュールが追いつかない時は、朝早起きしたり、24時まで勉強したり、休日の勉強時間を増やしたりと、絶対に消化できるように調節してました。

まとめ:資格試験は勉強方法の設計が命

独学で受かりたい試験がある時は、勉強方法の設計に力をいれましょう!

勉強方法の設計とは
  • どの参考書を使用して合格するか?を決めること
  • その参考書をどういうスケジュールで消化していくか?を決めること

僕は毎回ここに6時間くらいかけています。
国家試験の時は1日かけました。

この段階が苦手な人は、通信教育やスクールがしっかり設計するノウハウを持っているので、頼るのがベスト。

どの参考書で、どういうスケジュールで消化するのか。
ここの【勉強方法の設計】が一番重要です。

計画を立てるのが面倒な人にオススメ。

スマホとパソコンで資格学習←無料会員登録あり

生涯学習のユーキャン

LEC東京リーガルマインド-オンラインショップ-

▼この方法で取得した資格の記事はこちら▼

このコロナ禍に、スキルアップして過ごしましょう^^