うさぎ体験談

【うさぎの飼い方】適した温度、湿度は何度?適した範囲を超えたらどうなる?

うさぎ飼い主
うさぎ飼い主
うさぎに適した温度って何度? 守れなかったら、何が起こるの?

こういった疑問に答えます。

うちではうさぎを飼い始めて10ヶ月が経ちました。
一緒に暮らす中で気を遣っているのは、うさぎの体調と、温度管理です。

うさぎの温度管理については、「#うさぎの温度管理」でtwitterに、ほぼ毎日発信しています。

Twitterでは、外の気温・湿度と朝の室温・湿度、何を使って管理してでかけるか、
日誌、最近はうんこの変化も載せてます。
※個体差はありますが、生の体験談になります。
 ぜひチェックしてくださいね!無言フォロー歓迎です。

まず、この記事で基本的な内容をがっつり理解してください。
ここで基本を理解したら、「うちのうさぎさん向けの温度管理方法」として
↓こちら↓の記事も実践してみてくださいね!

うさぎを飼うのに適した温度と湿度の基準

温度:15℃~25℃
湿度:40%~60%

色々説はありますが、全ての種類の統計を考えると、
これがうさぎを飼うのに適した温度・湿度です。

【うさぎの飼い方】うさぎの室温、湿度をみきわめる方法にも書きましたが、
最初は基準の真ん中あたり設定して、様子を見ていけば良いです。

または、うさぎを引き渡してくれる人に、今まで何度で温度・湿度を管理していたか聞けばGOODです。

基準を守らないと、うさぎはどうなる?

うさぎ飼い主
うさぎ飼い主
この温度・湿度を守れなかったら、 何がまずいわけ?

まずいことは色々あります。
・温度が高すぎる場合
・温度が低すぎる場合
・湿度が高い場合
・湿度が低い場合

それぞれのパターンについて、どんなことが起こるのかを見てみましょう。

温度が高すぎる場合

温度が高すぎる場合は、こんな症状が出ます

  • 熱中症
  • 夏バテ
  • 熱射病

ここの管理が一番絶命に近いので、1番目に書きました。
熱中症になった場合、まず助かりません。助かるほうが奇跡です。

なぜかと言えば、熱中症の症状は死まで経過が早く、
迅速な処置でも回復が追いつかないからです。

そのため、「起こってからの処置」より「起こる前の予防」がカギを握ります。
その「予防」とは、温度管理のことです。
エアコンで、適正な温度を保ちましょう。

温度が低すぎる場合

温度が低すぎる場合は、こんな症状がでます

  • スナッフル
  • ご飯をたべなくなる
  • 胃腸の動きが悪くなる

5℃でも平気なうさぎもいるようですが、うさぎをはじめ、動物を飼い慣れてない人は奇抜なことをせずに、基準の範囲で設定しましょう。

季節の変わり目は、体調を崩すうさぎは多いです。
特に夏から冬は寒暖差が激しいので、注意が必要です。

うちも例外なく、ガスがたまり、うんこがいつもの半分以下の量しか出なくなってしまいました。
2回の点滴・注射を受け、回復まで3週間かかっています。

このときの失敗は、慣れで温度管理をしてしまっていて、急な温度差があることに気が付けなかったこと。
基準の範囲内でも、徐々に気候を変化させて行き、うさぎのストレスを軽減させましょう。

湿度が高すぎる場合

湿度が高すぎる場合は、こんな症状がでます

  • 代謝が落ちる
  • 真菌性の感染
  • カビ・ノミ
  • 湿気で毛が絡む

具体的な病名がここに書ききれません。万病の元です。

湿度が高い時は、いろんな病気の可能性があります。

代謝が落ちる

代謝が落ちると、代謝が落ちることで食欲が減り、うっ滞になります。

真菌の感染

真菌に感染すると、こんな病気につながります。

中卒炎
斜頸
結膜炎
鼻涙管閉塞 など

カビ・ノミ

カビやノミによって、皮膚炎(耳の炎症含む) などの病気につながります。
また、ご飯にもカビが生え、そのご飯を食べたウサギが体調不良になります。

湿気で毛が絡む

絡んだ毛を飲み込んで毛球症になりやすくなります。

湿度が多いと、これだけの病気になる可能性があります…:(´◦ω◦`):ガクブル
最悪70%は超えないように注意しましょう。

湿度が低すぎる場合(乾燥)

湿度が低すぎる場合は、こんな症状がでます

  • 乾燥による呼吸器官のトラブル
  • 喉・鼻が乾燥し、細菌感染を起こす
  • 皮膚の乾燥(フケ・皮膚病)
  • ドライアイ
  • 静電気で抜けた毛が、体に張り付く

症状が人間みたいですね。
でも、人間はなんとかできますが、うさぎは自力で何とかできませんよね。
飼い主が湿度を保って、うさぎを守りましょう。

うちでは、電気加湿器を導入しました。
安くてもいいので、一台あると安心しますよ。

まとめ

うさぎを飼うにあたって適切な温度と湿度
温度:15℃~25℃
湿度:40%~60%

外気ではなく、室温で管理してください。

たいていの場合、エアコンで管理できることは多いので、使いましょう。
うさぎを飼ったら、電気代の節約は諦めましょうね^^;

適切な温度の範囲はありますが、実際にうさぎを迎えて温度・湿度を測り、
うさぎの調子をみると、そのうさぎに合った基準値があります。

その探り方は【うさぎの飼い方】うさぎの室温、湿度をみきわめる方法で紹介しているので、実践して探してあげてくださいね!