うさぎ体験談

うさぎのカラーについて:作り方とまとめ【ミシンがなくても意外とカンタン】

避妊手術の準備の一つ、エリザベスカラーを準備しました。
傷口を気にしない子なら必要ないですが、こればかりはわかりません。

もちろん「傷口をいじらないようにする」という目的なので、うさぎ用の服を着せることでも代用できます。(獣医師談)

うちは普段からハーネス・服をつけたことがないので、
なんとなくストレスの少なそうなカラーを選びました。

カラーについては、1つだけ購入して、その他3つは手作り。
※うちは全然傷口を気にしなかったので、4つ全て使ってません。
 このまま完治したら捨てます。無駄になることは良いことです。
裁縫をしない僕でも、カンタンに作れたので手順も載せておきます。

カラーを付けるメリット・デメリット

メリット

  • 傷口をイジれないので、自力で糸をほどかない
  • 傷口をイジれないので、余計なバイキンが入り化膿する可能性が低くなる

デメリット

  • 超ストレス~
  • ただでさえ食欲が落ちてるのに、余計に食べなくなる
  • 食糞しにくい
  • カラーが邪魔で毛づくろいできない箇所ができる
  • →!カラーを外す前にしっかりブラッシングして溜まった毛を飲み込ませないこと!

デメリットのほうが多いです。
僕がうさぎのカラーはつけたほうがよいか?と獣医さんに聞いた時は、こんな回答でした。

獣医師
獣医師
食欲がなくなるほうが危険なので、オススメしません。
しかし、どうしても傷口を気にしすぎるようなら付けてください。

しないに越したことはないですが、
傷口が悪化すると治りが遅くなってしまうので、様子をよく見ながら付けてください。

うさぎ用のエリザベスカラーを購入する

ぼく
ぼく
ミシンも無いし、作るなんてムリだから買ってしまおう。

というわけで、このカラーを購入しました。

本当はスタイ型のカラーがよかったのですが、探しきれずに楽天で購入しました。
あとから調べると、minneで売ってました。サイズも豊富で安い…^^;

うさぎ用エリザベスカラー

スタイ型のメリット

  • 食糞しやすい
  • アンテナ型より布が少なくなるので軽くなる

スタイ型を選ぶことでのデメリットは無いんじゃないかな。

うさぎ用のエリザベスカラーを作る!

エリザベスカラーは食糞で汚れる。
と見かけたので、「使い捨ての勢いで使いたい!」と思ったズボラな僕。

正直たくさん欲しいけど、minneでも1枚1000円程。
うさぎには電気代もおもちゃ代もケチったりしませんが、カラーに10000円くらいというのはちょっとな~とは思いました。

調べると、型紙付きの作り方サイトもあったので、作ってみました。

費用・作成時間

・費用3000円~4000円
・時間 1時間/1つ

費用は、裁縫道具すら持っていない人が最初から揃えた額です。

  • 外地の布(ツムツム柄のやつ)
  • ガーゼ
  • パッチワーク用キルト芯(ちょっと固めに作れる)
  • スナップボタン
  • まち針
  • 縫い針
  • ボタン用糸
  • 縫い糸
  • チャコペン

太字の部分が今回必要なもの
費用は太字もその他も全て合わせて3000円~4000円くらいでした

作成工程

型紙を当て、布に印をつける

型紙はネットに落ちているものからダウンロードしました。
※個人ブログだったので、リンクは貼っていません。
 知りたい方はTwitterでメッセージを下さい。

チップの首周りは19cm~22cmで、ネットの型紙は14cm~18cmだったため、
型紙を元に大きめに作りました。

縫ってしまえば、同じ大きさになるので、大体で型紙から型を取ります。

型紙から取る枚数

一番外側の布(ツムツム):2枚
ガーゼ:1枚
キルト芯:1枚

印を元に切り取る

こんなんなりました。大きさはガタガタです^^;
※ガタガタにしたくない人は型紙から直して作ってくださいね。

縫い合わせる

この順番でまち針を打ち込み、縫い合わせます。

  1. 外側(柄の無い面を上側)
  2. 外側(柄の無い面を上側)
  3. ガーゼ
  4. キルト芯

※③ガーゼと④キルト芯は画像では逆になってます(ちょっと失敗した)

一番外側の布は柄と柄を合わせてください。
離れ離れにすると、ひっくり返した時に失敗します。

縫い合わせる時は、一番外側の布(ツムツム)同士が縫い合わさっていることを確認すること。
→キルト芯や、ガーゼは縫い目が飛んでいる箇所があっても構いません。

ひっくり返す穴を残して縫い終わりました。
縫い目は細かいほうがひっくり返しやすいし、きれいになります。
時間はかかりますが、固くないし、手縫いでもいけます。
かわいいうさぎを見ながら作ると、作業が丁寧になります。
(ならないはずがない笑)

裏(画像は失敗してガーゼですが、本当はキルト芯になるはず)

これをひっくり返すと…こうなります。

穴を縫いましょう。
(これだとうさぎの首にゴワゴワした縫い目があるので、引っくりかえす穴は円の外側にすればよかった…)

最後にボタンをつければ出来上がりです。
※僕は先端恐怖症なので、ボタンつけだけはやってもらいました^^;
 思い出しただけでマバタキが多くなります–;

手術になる前に、装着して大きさを確かめましょう。
(現在療養中のため、画像のための装着を自粛しています。)

獣医師
獣医師
ご飯が食べられうかどうかも確認してね

僕はその確認だけしてなかったので、「わー、食わなかったらどうしよう」と心配がよぎりました。
いらなかったから良かったですが…。

だめなら服なども検討しましょう。
それでもだめなら医師やTwitterで相談を!

その他、避妊手術の情報を載せています。
ぜひ読んでくださいね。