Netflix

【Netflix映画】コードネームエンジェル 少し難しいけど、世界史が好きならオススメ

※この記事は映画の内容に触れています。
 ネタバレがあるので、注意してください。

映画素人のKANATAです。
この記事では専門家目線ではなく、一般の映画を見慣れていないシロウト目線での感想を書いています。

この記事はこんな人向けの記事です

なにか映画を観ようとしてる人
なにか映画を観ようとしてる人
普段映画は観ないけど、ヒマで何か映画でも観ようかな

…という人向けです。
かなり詳しい人や、見慣れてる人向けではありません。

普段、映画を見てないなら「俳優が誰で~、なんとあの作品の!監督が出掛けてて~」とか言われても…どうでもいいですよね。僕がそうです。

この映画レビューは、そういう僕らにとっていらない情報を省き、面白いか面白くないか、またその理由をシンプルに書いていきます。

あらすじ:ネタバレなし

コードネーム エンジェル
ジャンル:ノンフィクション

1960年代~1970年代のイスラエルとエジプトが和平にこぎつけるまでの話。

当時のエジプトの大統領・ナセルはイスラエルに攻撃をしかけるも、イスラエルによる奇襲で戦争に破れ、ヨルダン側の領土を取られてしまう。

多くのエジプトの政治家は、ソ連と組み、領土奪還を考えていた。

しかしエジプト大統領・ナセルの義息・アシュラフ(後のエンジェル)は、

アシュラフ
アシュラフ
この戦争について無駄な流血を避け、国民の命を優先すべきだ。
そのためには、崩壊するソ連ではなく、当時アメリカの支援を受けているイスラエルを攻撃しないことで、アメリカと手を組むことが最善である。

ある日、ナセルは病気で亡くなり、時期大統領はサダト副大統領が就任される。
大統領になったサダトの方針は、アシュラフが提案した通りのものであった。

アシュラフは和平への野望のため、イスラエルにエジプトの機密事項を情報として提供していくが、数々の問題に遭遇していく。
最終的にどのようにして野望を実現させていくのか…

評価

星3つ:★★★☆☆

ぼく
ぼく
難しいので星3つですが、星4つでもいいほどオススメです。
内容は結構厚みがある割に時間が2時間ほどとちょうどよかった。
ハデさはないですが、ノンフィクションなのでストーリーがしっかりしていて面白い。
場合によっては2回観ないとわかりませんが、2回観ても苦痛じゃない映画。

この映画がオススメな人

  • ノンフィクションが好きな人
  • 心理戦が好きな人
  • 「歴史を変えた男」のストーリーに胸打たれやすい人

この映画をオススメ出来ない人

  • 登場人物・機関が多いと覚えられない人
  • スパイ映画といえばアクション!という派手な方がいい人
  • ただ気楽に暇つぶししたい人

※ネタバレなしはここまで。この映画はnetflixオリジナル映画です。
 内容を知る前に続きが観たい人は、netflixで配信されているので、
 そちらでお楽しみください。

それなりに難しめの映画

事実に基づいて書いていて、なおかつ最後にその真実がわかるようなストーリー展開のため、全てのつながりを知るまでが難しい。

難しい理由として、歴史背景の把握と、やりとりの多さがあります。

冒頭に歴史背景の説明が5分ほどあります。
どことどこが戦争をしていて、どことどこが協力しあっていて…という把握をそこでするようになっています。
物語がすすむにつれて主要な国は押さえられますが、早く理解しておくに越したことはありません。

つぎに色々な機密事項や、文書のやり取りがありますが、その内容はほぼ明かされずに話が進んでいきます。

やりとりの後、すぐに明かされるが、最後の最後まで明かされない伏線があるため、「??なぜ??」を抱いたまま、とりあえず観ることになる。

だけど「なぜ??」を思っておくと、最後の最後に「そういうことか!」とスッキリ!

このアハ体験的な部分を楽しむ映画ですね。

とはいえ、無意味な設定も多い

映画を面白くさせようとして邪魔な設定がある。
そこに気を取られると、大事な話が押さえられなくなる。

例えば、能天気に「仕事と私、どっちが大事なの!?」的なアシュラフの奥さんとか、

ナセル元大統領の側近で、悪者役として出てくるババクとシュラフは、アシュラフの邪魔をしそうで、全然できずに終わってるし。
アシュラフのほうが一枚上手でなにも出来なかった感じはあったけど、それにしても雑魚すぎる。
アシュラフを消したり、和平を邪魔する動きすらなかった。

これは、知っておいたほうが映画を楽しめる。

感動的な終わりではなく、現実的

和平を結んで、こんな表彰されました!ブラボー!!的な終わりではなく、淡々としている。

感覚的には歴史の授業を、面白く聞いた後の感覚に似ている。
自伝本などを読んで「おー、そんなすごい人がいたのかー、おもしろ~」みたいな知識欲をくすぐられる映画。

男として歴史を残すことってくすぐられませんか?
僕は目立ちたがり屋なので、影の功労者っていうより、表彰されたいですが笑

難しい映画でもOKな人にはオススメ

というわけで、知識欲や、歴史を変えた男の話が好きなら、かなりオススメ。
難しくて2回観たから、星3つにしたけど、4つでもいいくらい。

この映画はnetflixオリジナル映画です。
観たい人は月額880円(税込)で映画などなど見放題です。
1ヶ月で辞められるので、観たいもの観たらいつでも解約できます。
いい映画を知った機会に、楽しんでみては?

↓ストーリーがある映画が見たいならこれもオススメです↓