Netflix

【Netflix映画】バードボックス 当たり!良く練られた内容とスリルの演出がうまい

この記事は、一番キモのネタバレはしていませんが、
そうでない部分のネタバレは書いています。
注意して読んでください。

今回は「バードボックス」のレビュー記事です。

予告を見て「面白そうだな」と選んでみましたが、これはアタリ映画でした。

この記事では、そんなバードボックスの見どころと、あまりおもしろくなかった部分などを紹介していきます。

この映画がオススメな人

  • ホラー系のハラハラが好きな人
  • 映画の世界に入り込みたい人

バードボックスの簡単な解説

バードボックス
ジャンル:スリラー

世界中で謎のパンデミックが起こった。
そのパンデミックでわかっていることは「ソレを見ると、自殺をしてしまう」ということ。

主人公のマロリーは、妊娠中。
混乱の最中、逃げ切った家屋で出産をしてしまう。

5年間、なんとかやりくりしながら息を潜め暮らしていたマロリーと、5才の男女。
ある日、持っていたトランシーバーに、安全圏で暮らしている人から連絡が入る。
その場所は川を下り2日間の場所だという。
しかも、その経路の途中には急流があり、以前に安全圏を目指した人々の多くは「ソレを見ないように目隠しをしたまま」ボートで下ってきたところ、流れに巻き込まれ死亡しているという。

急流を下るには「目隠しを取る必要がある」と伝え、連絡が途切れた。

マロリーたちは半信半疑ながらも、子どもたちに移動時の条件を伝え、その安全圏を目指す旅に出る。

その条件とはーどんなことがあっても目隠しを取ってはいけない。

はたして、ソレを見ずに彼らは安全圏にたどり着くことはできるのか?

評価

星5つ:★★★★★

ぼく

オススメです。
スリルのハラハラを引き出させるのが、めちゃくちゃうまい!
オチには賛否両論ありますが、僕はタイトルはこのためか。と納得できる内容でした。

それではあまりよくなかったところから書いていきます。

BAD1:見てはいけない「それ」は明らかにされない

「ソレ」の正体について明かされることを期待していると、面白くないですよ。

…と、いうよりストーリーの序盤でフワっと言ってるんですが、固定された存在があるわけではない。
見た人でさえ色々と姿を変えて見えているようです。

そもそもこの映画は謎解きではなく、あくまでスリラー
ハラハラとしたスリルを楽しむことに集中しましょう。

他、見えても自殺しない人々についても、「なぜ平気なのか?」ということについては明かされません。

ただ、スリルを増加させる効果はあるので、僕はソレが見えている人たちは存在して良かったと思います。

BAD2:申し訳程度の家族愛に無駄感

みどころの一つでもあるんですが、クライマックスでマロリーから子供への呼びかけまくるシーンがあります。

僕が思うこの映画のクライマックスは、川の急流の少し前。
マロリーが一言だけ、子どもたちに言葉を掛けるシーン。
そこが一番最高に家族愛が出ている部分でした。

しかし、映画がクライマックスとしているのは、もう少し後に出てくる子供への「I love you.」です。
僕としては、急流前で子供への愛情は示されすぎているので、後から出てくる子供へのたくさんのセリフの場面は要らなかったな。

僕が日本人だからかな。多くの言葉を冗長に感じてしまう^^;

GOOD1:ハラハラを止めさせない構成

最初にマロリーから子どもたちへ以下の忠告を言う。

これから川を下る。
長いと感じるかもしれないけど、警戒し続け、静かにし続けること。
どんなことがあっても目隠しは取ってはいけない。
川の上では話さないどこかで音がしたら私に伝えること。
じゃないと助からない。

このルールに則り、目的地へ向かいます。
家を出る瞬間から目隠しをして、マロリー、ボーイ(子供)、ガール(子供)は旅に出る。

ただただ目隠しして船に乗っている話ではなく、船に乗るまでの準備も、陸での行動も目隠しをしながらやるんですよね。

この徹底ぶりが「どうしても見てはいけないもの」感を出させてハラハラします。

GOOD2:現在と5年前の話が交互に展開される

この映画は、映画を観ている人の「なぜ?」を時間軸を変えながら解消していく構成です。

なぜソレを見てはいけない現象が起こったのか
ソレを見るとどうなるのか
なぜ川を渡っているのか
子どもたちはどこの子なのか

などなど、最初にいくつものなぜ?を浮かべさせて、5年前が回想されます。

まあ、「ソレ」については明かされないんですけどね。
全ての経緯や謎が明かされるわけではありませんので、そこは期待しないことです笑

GOOD3:サンドラ・ブロックの演技がうまい

ぼく

あれ?マロリーってどっかでみたことあるぞ…?

「映画をあまり観ない」という人は、僕のようなこと思っているのでは?
シロウトの僕が観ても普通にうまいなとわかるほどなので、調べてみると…

有名どころばかりでした。そりゃ観たことあるわ笑
このポスターなんてモロ観たことあるし。

うまい人が出ていると、映画の世界に引き込まれやすいですよね。
実績もあるみたいだし。

GOOD4:結構怖いです

おばけ的な怖さではなく、ウォーキング・デッド系のなにかに追いかけられるような怖さです。

車でスーパーに出かける場面がありますが、ソレに追いかけられたり、
外から人の声がして「扉を開ける・開けない」の選択を迫られるところとか、
生き残れる謎の集団の目が狂気じみているとか…

話が強烈なので、夜ぱっと起きた時に思い出しました笑

それほど心に残ります。
スリラーを見た甲斐がありますよ笑

強い刺激がほしい人は特に観てほしい

この記事では映画「バードボックス」について書きました。
映画を観慣れていない人には特に刺激が強い映画です。

なにかの世界観に思いっきり引き込まれたい人にかなりオススメです。

この映画はNetflixオリジナル映画です。
月額880円(税込)で、映画、アニメ、ドラマ、ドキュメンタリーが見放題。
しかもいつでもキャンセル料がかからないので、見たいものがある時に1ヶ月だけ見てみよう!という使い方もできます。

出張が控えていて新幹線で時間を潰したい人、
通勤時間に楽しみが欲しいという人も、スマホにアプリを入れれば観ることが出来ますよ。

映画の世界に夢中になりたいあなたへのオススメ

↓この映画のカーアクションは魅入ってしまいます!↓

↓面白すぎて見入ってしまう↓

記事で紹介した映画が観たい人は、他の動画配信サービスもオススメ

紹介した映画ですが、配信しているサービスがそれぞれ違います。

まだ登録していないサービスなら無料期間があります。

サービス初回特典期間終了後
Amazonプライムビデオ30日間無料月額500円(税込)
年額4900円(税込)
Hulu2週間無料月額1029円(税込)
Netflixなし月額880円(税込)

Amazonプライムビデオは完全見放題ではなくレンタル形式の映画もあります。
しかし、Amazonプライム会員になるので、他のサービスも受けられるのでかなりお得です。

僕は配送も早くしてほしい、Kindleも読みたいと、やりたいことがたくさんあったのでAmazonプライム会員にも登録しています^^

かなり生活が便利になったのでイチオシですよ!