Netflix

【Netflix映画】バッドママのクリスマス コメディの質が悪く、ありきたりの感動

※この記事は映画の内容に触れています。
 ネタバレがあるので、注意してください。

映画素人のKANATAです。
この記事では専門家目線ではなく、一般の映画を見慣れていないシロウト目線での感想を書いています。

この記事はこんな人向けの記事です

なにか映画を観ようとしてる人
なにか映画を観ようとしてる人
普段映画は観ないけど、ヒマで何か映画でも観ようかな

…という人向けです。
かなり詳しい人や、見慣れてる人向けではありません。

普段、映画を見てないなら「俳優が誰で~、なんとあの作品の!監督が出掛けてて~」とか言われても…どうでもいいですよね。僕がそうです。

この映画レビューは、そういう僕らにとっていらない情報を省き、面白いか面白くないか、またその理由をシンプルに書いていきます。

あらすじ:ネタバレなし

バッド・ママのクリスマス
ジャンル:コメディ

シングルマザーのエイミーは恋人ジェシーとクリスマスをゆっくり過ごす予定だったが、破天荒で完璧を求める性格の母ルースが来ることになってしまう。

一方、夫ケントとともに4人の子どもたちの世話に追われるキキのもとに、彼女を溺愛する母サンディが予定より3日も早くやって来てしまう。

さらにカーラのもとにも、母アイシスが彼女とクリスマスを過ごすべく突然訪ねてくる。

エイミーの思いつきで、3つの家族はクリスマスを一緒に過ごすことになるが……。

映画.com-バッド・ママのクリスマスより抜粋

評価

星2つ:★★★☆☆

ぼく
ぼく
オススメしません。
コメディの部分が超つまらない。
ストーリーは感動できる要素があるが、家族愛で感動させる展開になることは予想がつくし、「ああ、やっぱりこういうのか」と、いい話だがのめり込めない映画。

※ネタバレなしはここまで。この映画はnetflixオリジナル映画です。
 内容を知る前に続きが観たい人は、netflixで配信されているので、
 そちらでお楽しみください。

前作にバッド・ママという映画があるらしいが…

前作の続らしいです。そんなに人気なの!?と思うほどコメディの質が悪い。
アメリカの女性が「楽しみましょう!」といえば、下ネタ的な要素満々になるんだろうか…

俺は下ネタは好きですが、この映画の下ネタは、ねっとりとしていて気持ちが悪い…。
セクシーさを象徴するクネクネした動きにやりすぎ感があり、外国人なれしていない俺には笑えなかったです。

しかも、同じネタをかなり長い時間引っ張り「もういいよ、それ」とうんざりしてきます。

アクの強すぎる母親たち

クリスマスを完璧に仕上げたすぎて、娘にダメ出しばかりする母親。
娘が好きすぎて、娘の顔をプリントした服を毎日来ている娘溺愛の母親。
ギャンブル好きで、娘に金を借りに来る母親。

それぞれ別の特徴でバッドな母親たちが登場するのだが、この設定は面白い。
しかも、それぞれが「私は正しい」と思ってやっているところが厄介。

一番クレイジーなのは娘溺愛かな。

“いつも小さい頃は寝るまで一緒にいたからー”と気がついたら部屋の隅で、夫婦のセックスを覗いているという怖さ。

「ママうれしいわ。健康にもいいのよ、どんどんしなさい」とまだ部屋からどかないなど、ネジが飛びすぎている。

俺のお嫁さんの母親がそんなだったら、俺は出てく笑

最後は許し合って謝り合う親子

この映画は「アクの強い母親がどう改心していくか」のストーリーがみどころ。
ありきたりだけど、親子がわかり会えたシーンはやはり感動できる。

とくに完璧を求める母親の、不器用な娘の愛し方は、典型的にいい話。

クリスマスの話は、やっぱ家族愛が多いですね。

ホーム・アローンみたいな家族愛でほっこりしたい人は、コメディ部分を無視して観たら、楽しめるんじゃないかな。

といっても、不快なコメディ部分が8割あるので僕はオススメしませんが笑

これはオススメしないけど、オススメできる映画は多数

この映画はNetflixで配信されています。

バッド・ママのクリスマスは別だったけど、オススメできるコメディ映画も多数あります。

月額880円(税込)の割にコスパいいですよ、ディズニー、USJ、新幹線など、がっつり空いている待ち時間にこれをインストールしておけば間違いなし。
1ヶ月でやめることもできるので、Netflix、試してみては?

↓コメディが好きならオススメ↓