資格取得のススメ

勉強しても資格試験に落ちる傾向を紹介!こんな時はキャンセルしよう!

試験に受かる気がしない人
試験に受かる気がしない人
参考書も9割正解できる。
模擬試験もなんとなく受かる点数なのに、全然受かる気がしない。
でも、こんなに勉強したし、お金も払ったし、キャンセルしたらもったいないのかな?

試験に受かる気がしない人
試験に受かる気がしない人
なんとなく申し込んだし本を買ったけど、勉強せずに〇〇日経ったよ…今から頑張れば合格できるかな。

試験に受かる気がしない人
試験に受かる気がしない人
諦めたいけど、これやらなかったら俺変われない気がする…!
たぶん無理だろうけど…行くだけ行って砕けるっていう挑戦をした俺もかっこいい!(本当は行きたくないけど、人に話す時かっこいいよね)

独学で勉強している時に、もう諦めるべきか、やっぱり気を取り直して勉強するか迷いますよね。

そんな人向けに、今回はこういう傾向があるのなら、合格できるかもしれない。または、合格できない。の判断基準を明確にする記事を書きました。

そういう僕自身は過去に4回試験に落ちていますので、わりと体験談が溜まった記事だと思います。(※過去の実績)

この判断基準を参考に、あなたは潔く資格試験をキャンセルするか、キャンセル出来ない試験なら、戻ってこないお金は潔く諦めましょう。
お金はまた稼げるけど、時間はどうやっても戻ってきません。時間を大切に。

▼目次

  1. 資格試験に合格できるかもしれないパターン
  2. 合格できないパターン
  3. まとめ

資格試験に合格できるかもしれないパターン

現時点で勉強には何も手をつけていないけど、合格できるかもしれない可能性があるのは、 試験を受ける前に、自分の頭にある試験に向けた知識の量と相談して、スケジュールを立てているときです。

具体的には、以下の項目全てにチェックがついていること。

  • ネットで合格体験記を読み漁ったか
  • 体験記を元に、勉強する本は決定したか
  • 勉強する本を何日間で何周解くと受かるという計画を立てているか

もし、今からでも上の項目を網羅し、試験日までに間に合うようにスケジュールできる、かつ、そのスケジュールに近い状態で作業を進行できるのであれば、合格できる可能性はあります。

これから本当に受かりたい人は、過去記事の「勉強方法の設計」を参考にして計画を立ててみてくださいね。
かなり細かく書いてるから応用すれば受かるスケジュールのたて方がわかるようになってます。

計画を立てる気が出てきたのなら、おそらくあなたは受かるでしょう。
頑張ってくださいね。

合格できないパターン

しかし、この記事を見ているあなたは「スケジュール立てて取り組むよりラクな方法」か「諦める判断基準」を細胞レベルで探してるときですよね。

スケジュールを立てるよりラクな方法で、今受けようとしている試験に受かる方法はありません。
独学で受かるために重要なのはスケジュールです。
自分で予定を立てられないのなら、通信講座やスクールに頼りましょう。

今回は「試験を諦めるタイミングを見極める方法」の話なので、スケジューリングの話は別記事でします。

試験を諦めるタイミングはこれだ

  • 申込みの段階
  • 参考書を買った後
  • 試験間近

それでは順番に説明します。

申し込みの段階

これに該当したら必ず落ちます

  • 試験日をよくわかっていない、かつ、即試験日を覚える気もない
  • 受験票が届いてから勉強する気でいる

この2点に引っかかったら落ちます。

申し込み時点ではやる気の人は多いものですが、
「やる気になりたくて自分を鼓舞するために申し込もうとしている人」もいます。

そういう人は、このチェックに当てはまれば、その試験についてやる気がでることはありません。
鼓舞しきれていないから試験日も覚えられないんです。

鼓舞に成功している人は申し込みの時点で、既にもう勉強する気になっています。

この場合の答えは「今回の試験は受けないこと」

別の受かりそうな試験を受けたほうがよっぽど有意義です。
スケジューリングして申し込んで、試験を受けて、合格する癖が必要です。
乙4でも原付きでも、英検5級でも構わないので、癖を付けましょう。

試験を受けないメリット

中途半端にする努力は、劣等感を増幅させます。

最初の気持ちがノッてないなら、申し込みは一旦やめて、次回のためにスケジュール立て直すなり、他のノれることに時間を使いましょう。

今回受けなくても罪悪感はないし、「受けない」選択をすることで決断力を磨く練習にもなります。
気持ちの断捨離ですね。

頭のどこかで受かりたいと思っていれば、今回辞めても、いずれ本気で取りたくなる日は来ます。
僕は基本情報技術者試験は2回ブッチして、3回目に受かってます。
ぶっちゃけ勝因は「気がノッたこと」でした。

資格試験を辞めて、他にすることがなくても劣等感を増やすことに時間と金を費やすより、何かを選択をしたこと、決定したこと自体が有意義で自信がつきます。
申し込み時点から今の今まで、ノってないなら、キャンセルするか、もう勉強しないし行かないと決めることです。

参考書を買った後

これに該当したら必ず落ちます

  • 参考書を選ぼうとして3日目、とうとう買わなかった
  • 参考書を買ったが1週間以上放置している
  • なんとなく参考書を開くが5回以上別のことばかりしてしまった

これに当てはまったら諦めましょう。

参考書を選ぼうとして3日目、とうとう買わなかった

参考書を探しに来たのに眺めるだけで買わずに帰る。というのを、何度も繰り返す時は大抵その後もノりません。
なぜなら「どの参考書で、どう受かるのか研究できてない」からです

研究できていると、どうしてもその参考書がほしい!という状態になります。
しかし、いつまでも参考書を手に入れられないのは、そもそも研究の段階で面倒くさがっている傾向があります。
イコールノってません。

今回は諦めて他のことをしましょう。
計画性を高めたいなら、計画を立てて遊びに行くところから鍛えてみてはいかがでしょうか。

参考書を買えても1週間以上放置している

試験にノれない人
試験にノれない人
参考書、買ったけど、手を付けてない…
やんなきゃな~…まあいいや。明日明日…。

あの~…劣等感、溜まりませんか?^^;
決意して本まで買ったのに、やらない自分。

そんなあなたはぶっちゃけ、もう勉強したくないはずです。
今までのお金がもったいない。
…という理由で勉強をなんとなくやっても受からないですよ。

せっかく買ったなら、計画を立ててみましょう。

本から計画を立てる方法

[本 勉強方法 (期間)]などで検索し、勉強の計画を書き出しましょう
間に合う見込みがあって、頑張れる自信があれば、今日から勉強をスタートしましょう

計画立てる気になりましたか?
また、今日からスタートできそうですか?

NOであれば、諦めて映画でも見た方が感性や想像力が磨かれて有意義です。
息抜きを徹底的にして気持ちを切り替えましょう。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

なんとなく開くが5回以上別のことばかりしてしまった

そして、 申し込んだし、本も買った。
なんとなくやるが計画がない試験日も気になるし、手をつけたが、掃除。お出かけ。図書館に来たが、別の本を読む。など。の傾向がある場合はノれてないですよね。

おそらくもう、自分がやる気がないことに気がついているでしょう。

試験を受けなくても、今はYouTubeなどで、もっと有意義な勉強ができる動画もたくさんあります。
すっぱり手放して別のことに目を向けましょう。

試験間近

「参考書を買った後」の状態から進歩がなかった人
→いっそやめたいとすら思っているはずです。 当然諦めてください。

一生懸命勉強しても自分に進歩が感じられない人
計画通りにものすごく勉強してきたときの、諦めるポイントを紹介します。

これに該当したら落ちる可能性が高い

  • やってもやっても作業になってしまい、答えを覚えて惰性的になってしまう
  • こんなにやっても受かる気がしない、勝てるイメージがわからない

今回は、「必ず落ちます」ではありません。
落ちる、落ちないで言えば、実は5分5分です。
受かる気があって勉強していても「無理かもしれない」とわかっていたときにどう判断すればよいかを書きます。

あなたがなぜ不安なのか?

それは、現時点で合格のデータと解いてきた問題のパターンが少なすぎるからです。

データがないと受かるイメージがわかないし、どんなに勉強していても同じ問題で答えを覚えているレベル。
正直不安ですよね。

試験会場で、その覚えた答えを使える可能性はありません。
試験で使えるのは「解くための考え方」のみです。

「解くための考え方」を鍛えるには色々なパターンの問題から、違うアプローチで同じ答えを示していく訓練が必要です。
データや解くべき問題が少ないと、当然鍛えられません。

俺が受けたJava Goldはまさにそれでした。

それではどうするか。
試験を受けましょう。一応勉強しているので、運が良ければ受かります。
だめなら次へつなげるために戦いましょう。

実際の試験問題に触れることで問題集の他のデータが増えます。
データが増えれば、今持っている問題集をどのように勉強すればよいか、スケジュールを立てることができます。

ダメ元で戦って意味があるのは、この試験直前に「やっても自信がない」というパターンしかありません。

もしくは、もう一旦諦めて、通信教育、スクールを利用しましょう。

通信教育、スクールを利用するメリット

  • ネットの情報では手に入りにくい問題のパターンを解ける
  • 解き方を教えてくれる

もちろんデメリットもあります

  • スケジューリングがわりとロングスパン
  • 独学より割高(独学でも同じくらいの場合もあるけど)
  • 社会人の場合、スクールに通えない

資格試験は解けば解くほど、解法を覚えれば覚えるほど受かるものがほとんどです。

通信教育や、スクールは独学に比べて問題量に関しては強すぎます。

実際に、僕はメンタルヘルス・マネジメント検定では、僕は通信教育を利用して受かってますし、販売士検定2級もスクールに通って1ヶ月半で受かりました。
もちろん両方1発合格です。
高いですが金だすと「損したくない」と思うので必死になりました笑

まとめ

…といういわけで、「試験間近」のパターン以外はアッサリ諦めましょう。

それ以外で戦っても意味がありません。
諦める選択をした時は、「決断力」を鍛えて、好きなことを選んだ。と思うことにしましょう。

僕は息抜きにバンジーに行ったりしています。
諦めた罪悪感も、周りで経験者のいない体験でチャラにしませんか。

息抜きをしたあとは体勢を立て直すこと。
確実に受かりたいなら、スケジューリングなどは得意な人に任せ、勉強だけに集中できる環境を整えましょう。

参考:実績

資格方法合否
2007販売士検定3級専門学校
2007販売士検定2級 専門学校
2007経営学検定 初級専門学校
2007簿記3級専門学校×
2009SJC-A独学
2011基本情報処理技術者試験独学×
2012基本情報処理技術者試験独学×
2013ITパスポート独学
2013L-PIC Level 1独学
2017メンタルヘルス・マネジメント検定 Ⅱ種通信教育
2018基本情報処理技術者試験独学
2018Java SE8 Silver 独学
2018UMLモデリング技能認定試験 L1独学
2018UMLモデリング技能認定試験 L2独学キャンセル
2018 Java SE8 Gold独学×