雑記

【初心者向け】家計簿歴1年半が教える家計簿の項目分類方法

家計簿を付け始めたけど、
このレシートは、
どこの項目に分類すればいいの!?

→この記事に答えがあります。

うまく分類分けができないと、

「ぜんぜん無駄が見えないけど!?」
「家計簿って意味ないんだな」

と、くじけてしまいますよね。

家計簿項目の分類分けをするのには、ある程度成長ステップが必要です。

僕はこの流れで、ようやく無駄を発見して改善するサイクルに入ったところです。

しかし、1年半も時間をかけたくないですよね。

任せて下さい!

この記事でできるようになること

持っているレシートを、どのように分類すればいいかがわかる!

この記事を読めば1年数ヶ月分は成長速度を早めることができます。
早くお金を返したい人や、貯金をしたい人は必見です。

この記事で使っている家計簿

説明する分類項目は、主にここに出てくる分類です。

この家計簿を勧める理由は、やっぱり分類が程よく、初心者にとって適切だからです。
なかなか他の家計簿だと少ないので、最初からカスタムを余儀なくされます。

↓もっと詳しくオススメをみたい人はこちらの記事↓

初心者が家計簿項目を分類するときに意識することは2つ

最初の3ヶ月はとにかく家計簿に慣れる期間です。
やることを絞って集中して、レベルアップしましょう。

家計簿の項目を追加せずにそのまま使う

最初の3ヶ月は絶対に家計簿の項目を追加しないでください

なぜなら、元々からある項目に慣れてないうちから項目を追加すると、混乱して、挫折します。

今は手持ちの項目で我慢しましょう。

項目の追加方法については後に記載します。

クレジットカードと現金の出費をわけずに書こう

クレジットカード、電子マネー、デビッド、QR決済、現金は、あくまでお金を払う手段です。

家計簿は出費を何に使ったかを見えるようにするものです。
何で払おうと、出費は出費ですよね。

初心者のうちは、まずは何でいくら使ったかを記録することに注力して下さい。

手段まで分けて書くと、やはり混乱します。

クレジットカードと現金を分けて書くのは、やはり3ヶ月の修行期間を終えてからにしましょう!
3ヶ月も家計簿を書いていたら、絶対に把握できるようになってくるので少し我慢して下さい。

クレジットカードは合計金額で記録する

毎月支払いがあるから把握しておきたい!

という人は、家計簿とは別の枠に書きましょう!

「管理」というより「把握」だけですが、「出費を抑えよう!」という気になります。

※いまはリボもキャッシングも返済してます

家計簿項目の分類方法

ここで習得できるのはこれ!

↓この家計簿の項目で分類方法を示します。

他の家計簿を使っている人は、同じ項目があれば、この基準で分けてみましょう!

固定費

家賃・管理費

シンプルに家賃を記入する。

管理費が別に請求されている場合は、
家賃+管理費の合計で書く。

車・駐車場は別に項目があるので、ここに書かずにきちんと分けましょう。

家賃と車・駐車場を分けておくと、
車を手放したときに、ビフォー・アフターとして比較できます。

電気

電気代を記入する。

ガスとセットの場合は、まとめて書く。

別々に書くと、電気とガスの他にと○○いうのを取られている場合があるので、それが分類できなくなります。

ガス

ガス代を記入する。

電気をセットの場合は、まとめて書く。

理由は「電気」の項目と一緒です。

水道

水道代を書く。

水道代が請求された月の翌月に払込がある自治体があります。

その場合は、水道代が請求された月ではなく、

水道代を支払った月に書いて下さい。

電話

固定電話を引いている人は、固定電話代を書く。

携帯電話

スマホ代を書く。

新聞

新聞代を書く。

複数社取っている人は、合計した金額を書く。

こづかい

こづかいを書く。

但し、ここに書いたら、使った詳細を変動費に書かないこと。

なぜかといえば、金額が重複するからです。

税金

税金の支払いを書く。

住民税が主になると思います。

年金の支払いや、国民健康保険などの国に収めたお金については、一旦ここに書きましょう。

ローン

ローンを書く。

クレジットカードでのショッピング、キャッシングの支払いをココに書かないこと!

「ローン」に書くと、かなり見にくくなります

ここには住宅ローンなど、「ローン」としての返済分のみ書きましょう。

但し、車のローンは「車・駐車場」に書きます。
理由は車を手放したときに、ビフォー・アフターとして比較したいためです。

保険

民間で加入している保険の支払いを書く。

何社か契約している場合は、合計金額を書きましょう。

車・駐車場など

駐車場代を書く。

車のローン、車の保険があれば、ここに合計して書きましょう。

但し、車関連をすべてまとめるのは最初の3ヶ月だけです。

今、合計させているのは、分類の追加を一つでもしてほしくないからです。

すこし我慢して書き続けて下さい。

変動費

最初のうちから細かく分けないで

変動費は、レシート単位「食品」「日用品」でざっくり分けましょう。

どういうこと!?

例1)スーパーで食品を買って、日用品のトイレットペーパーをついで買いした時

この場合はレシートの合計を、そのまま「食品」の欄に記入する。
トイレットペーパーだけ「日用品」にしないこと。

例2)ドンキでヴィトンのバッグを買って、食品も買った時

この場合はレシートの合計を、「衣服」の欄に記入する。
「食品」と分けて書かないこと。

理由は、これをしていると
「税計算があわない」
「何より面倒くさい」
こうなって、家計簿の記録が続かなくなるからです。

今はとにかくレシートをざっくり分類して記録することに慣れる期間です。

あなたはまだ、家計簿に慣れていません。
最初から多くを突き詰めずにガシガシ書きましょう。

食品

外食以外の食品を書く。

【食品の例】

スーパー、コンビニ

ちなみにコンビニで、たばこのカートンと弁当を買った場合
たばこのカートンのほうが金額が高いので「日用品」に分けます。
逆にタバコ1箱だけと弁当なら「食品」にしてます。

外食

「食品」は書かない。

【外食の例】

ファミレスやファーストフードなど、お店の席に座って食べたもの
(コンビニのイートインは除く)
ピザやウーバーイーツなどの宅配

この家計簿の「外食」は1行しかないので、昼食と夕食を外食した場合
昼食代+夕食代の合計で書きましょう。

日用品

【日用品の例】

ドラッグストア、ホームセンター、100均

ペット用品なども最初は「日用品」に分類しましょう。

車・交通費

【車・交通費の例】

コインパーキング等の駐車場、高速道路、ガソリンスタンド、きっぷ、罰金

電車の交通費も書きましょう。

衣服

衣服に係わるもの全般を書いてます。

【衣服の例】

服、靴、アクセサリー類、クリーニング
ピケとかで寝間着を買った場合も「衣服」です。

普段裁縫をやってなくて、ボタンをつけるのに裁縫道具を買ったら「日用品」にします。

逆に服作りなどが趣味での裁縫道具なら「衣服」に分けます。

医療・薬

【医療・薬の例】

病院、薬局、市販薬

この家計簿の「医療・薬」は1行しかないので、
病院+薬の合計で書きましょう。

マッサージに行った場合は「レジャー・スポーツ」に分けてます。
なぜなら、リハビリではないマッサージは医療費控除されないからです。

厳密に言うと医療にかかった交通費も医療費控除はされます。
しかし、ここでは交通費は「医療・薬」に書きません。

医療にかかった交通費は、
マッサージと違って、レシートを見ただけではわかりにくく、
分類するときに「面倒くさい、もういい」となるからです。

わかりやすいものはわかりやすく分けますが、
わかりにくいものは無理せずシンプルに分けましょう。

レジャー・スポーツ

遊びや、趣味に関わるものを書く。

【レジャー・スポーツの例】

ジム、プロテイン、マッサージ、エステ、ヨガマットなど自宅で使う健康器具、入園料、体験料、ギターの弦など

レシートが複数に分かれる場合は、合計金額で書きましょう。

ちなみにユニフォームは「レジャー・スポーツ」
ユニクロなどで買ったトレーニングウェアは「衣服」でいいです。

美容・衛生

【美容・衛生の例】

美容院

化粧品や、化粧水などドラッグストアを使う場合は「日用品」に分類してもいいです。

これを「美容・衛生」に分けだすと、シャンプーなども悩みだしますよ。
面倒ですよね?

一旦「ドラッグストアのレシートは『日用品』」くらいザックリにしましょう。

教育・教養

【教育・教養の例】

本(小説や雑誌を含む)、通信教育、オンラインサロン、noteの購入

ブログなどの副業をやっている人は、サーバー代や、お名前.comの代金もここに記入しましょう。

サブスクで支払う、オーディオブックやKindle unlimitedなども、最初の3ヶ月はこちらに記入しましょう。
支払日に書くのがベストです。

レシートはすべて取っておきましょう!

次のステップに進んだときに、見返したくなります。

僕がここで「レシートを見返して下さい」という指示はしませんが、
あなた自身が次のステップに進むとき、

ウッワ!
レシートを取っておけばよかった!

と、思うはずです。

今はわからなくても、一応取っておきましょう。

もう少し、深堀りしたい項目を考えてみよう

ここで習得できるのは、これ!

ここでは使いにくい項目の考え方を勉強します。

ざっくりと「知りたい」項目を洗い出す

家計簿をつけていると、

たばこは「日用品」「食品」に分類してるけど、
別に記入しておいて
買いすぎてないかをチェックしたいな!

と無駄を見破れそうな項目が思いつきますよね。

うちの例で言えば、これだけあがりました。

うちの例)

  • 2人分の固定費をもっと見やすくしたい
  • 毎月かかるサブスク代は固定費として知りたい
  • クレジットカードの返済をもう少しわかりやすくしたい
  • ペット品を含まない日用品の金額が知りたい
  • たばこ代、プレゼント代の金額も知りたい
  • コンビニと自販機で使った金額も知りたい

こう言うと、頭にある全てを出したがる人がいますが、

ここで大事なのは、普段から思ってないことを「知りたいこと」に追加しないでください

自分会議しなくていいです。
家計簿を書いていて自然に思ったことだけを箇条書きにしましょう。

プレ仕分けをする

箇条書きを見て、「知りたい」と思ったことを知りましょう。

これは「知りたいと思った項目の金額を出してみよう」ということです。

例えば、うちだとこう思ってました。

  • ペット品を含まない日用品の金額が知りたい
  • たばこ代、プレゼント代の金額も知りたい
  • コンビニと自販機で使った金額も知りたい

僕の場合は、レシートを取っておいたので、全部見直して集計しました。
レシートが手元にない人は、これからでいいのでコツコツ集計してみましょう。

一旦はこんな感じで家計簿のメモ欄かはじっこに集計した内容を書き出します。

洗い出してみると、

ぼく

コンビニ使いまくってる月の食費が
バカ高い!!

ペット代を除いて見ると、
日用品はまだ節約できそう!

などなど、ムダの発見がありました。

このムダをみつけるのは家計簿をつけていてアガるポイントです。

ここで本当にムダがわかると思ったものだけを、家計簿項目に追加します。

但し、家計簿項目を追加をするときには少し注意が必要です。

家計簿項目を追加するときはこの3つに注意

ここで習得できるのは、これ!

注意点を理解した上で、適切に項目追加を行いましょう!

初心者が追加してはいけない項目は雑費と特別費

雑費・特別費を追加すると、何でもこの項目に放り込むようになります。

雑費

ぼく

「家計簿をやってる感じ」しか出せない項目です
実用価値がありません。

分類に迷ったらここ!ということで、かなり初心者向けに勧められている項目ですが、絶対に使わないでください。

はっきり言って、この項目があるとムダを見破れません。

理由は、なにかの手数料も日用品も食費も交際費などなど、
全てがまとめて算出された項目では意味がないからです。

あなたは項目ごとに分けて、集計して、ムダを見るために家計簿を書いています。

雑費を合計しても、その金額が低かろうが、高かろうが、「へぇ…」で終わりますよね。
あなたの知りたい「なにでこんなに使ったんだろう?」を雑費で見ることはできません。

「とにかく書き続けたいから、まずは簡単にやろう」という目的で雑費を使っても、
書いた甲斐が見いだせないので、どのみち続きません。

まちがってもいいから、雑費を使わずに分類しましょう!

…というか、最初は絶対にまちがえます。
「なんかちがったかな?」という違和感を覚えることも
ステップアップに大事な訓練です。

確実に成長しながら、続けましょう。

特別費

この項目については、絶対に使うな!とは言いません。
家具や、家電などは、特別費の項目が必要になることがあるからです。
ただ、そういうことがないのなら、特に初心者は使うべきでない項目です。

但し、使うのにとても注意がいる項目です。

特別費を使ってはいけないとき

旅行中の出費、定期券購入、入院など

このように特別なことがあって支出が増える場合は、特別費として分けるのではなく、既存の項目を使いましょう。

逆に使ってもいい時はこんな感じです。

特別費を使うとき

冠婚葬祭、引越、大型家電・家具を揃えたときなど

「特別費」はガチに特別なときだけ、使って下さい。

そういう切り分けをしないと「お菓子は別腹」と同じ頻度で「たまには息抜き!これは特別費」がでてきます。

うちでは、特別費ではないけど、特別お金を使ったなあ。というときは家計簿のスケジュールに書いてます

こんな感じで、あくまでも既存の項目を使って書いています。

理由は、そのほうが項目分けするときも、集計も楽だし、なによりわかりやすいから。

「特別費」を使うときは、慎重に。

追加していい変動費は2つまで

固定費は正直、家族で暮らしている人はそれぞれの保険の費用や、スマホ代があるので増えますが、

変動費をやみくもに増やすと、管理ができなくなります。

3ヶ月鍛えてきたあなたなら、2つまでなら管理ができるようになっていますが、
それ以上項目を増やすなら、増やしてからまた3ヶ月の訓練期間が必要です。

うちの例で言うと、知りたい項目がこんな内容でした。

うちの例)

  1. 2人分の固定費をもっと見やすくしたい
  2. 毎月かかるサブスク代は固定費として知りたい
  3. クレジットカードの返済をもう少しわかりやすくしたい
  4. ペット品を含まない日用品の金額が知りたい
  5. たばこ代、プレゼント代の金額も知りたい
  6. コンビニと自販機で使った金額も知りたい

これを家計簿に振り分けると、こんな感じになりました。
※改良中のときの画像なので漏れがあります※

①:シンプルに要らない項目を消して、それぞれでかかるものを項目として増やした
②:サブスク代
③:(改良予定)クレジットの支払を今月のカード利用で管理予定
④:(改良予定)ペット代を日用品と別に管理予定
→→現在⑤の訓練中のため保留にしています
⑤:たばこ代、おみやげ代(プレゼント代)を項目追加した
⑥:(改良予定)これを普段の集計に分けるかは正直微妙…保留

【2つ増やしたら、その項目で慣れるまで追加しない】というサイクルで成長するのが丁度いいです。

ゆっくりだな

そう感じるかも知れませんが、実際ここまでの説明で

ぼく

・ムダが見えている
・挫折していない

これを考慮すると、僕と同じ普通の人のペース配分はこれが適切です。

しっかりステップを踏んで成長しましょう^^

(レシートから商品を抽出する場合)税計算までしない

税計算まですると、

めっっんどくせ~~~!

めちゃくちゃそうなります。

税金は確かに10%と大きいです。
しかし、レシートの中から目当ての商品を抜き出すときは、この数字を考慮しません。
面倒くさいから。

ここを考慮しないことは、ムダを考えるときに全く影響しません。

省ける作業はしっかり省きましょう!

まとめ:まずは家計簿の項目に従って書くこと!

全体的な流れはこんな感じ!↓

まとめると、こうです。

  1. 今持っている家計簿と仲良くなるところからはじめましょう
  2. 仲良くできたら、今度は知りたいことを書き出しましょう
  3. 知りたいことがわかったら、知りたいことを項目として追加しましょう

人間関係と同じで、仲良くならないと、相手のことを知る気にならないですよね。

仲良くなるには、まずは3ヶ月は家計簿の項目に従って書くことに慣れて下さい。

ステップを踏めば必ず成長して、ムダを省けるようになってお金が貯まるようになります。
家計簿は続けることが目標ではなく、続けていくことでお金を作ることが目標です。

がんばってくださいね!

ここで使っている家計簿

今回例で使った家計簿は、ハローキティのかんたん家計簿です。
かなり初心者が書きやすいように作られています。

家計簿を選ぶのに苦労している人は特にオススメです!